「アベノミクス-竹中平蔵×高橋洋一徹底対談!」を発売=株式会社中経出版

株式外社中経出版(本社=東京都千代田区)は、2013年3月中旬に電子書籍「アベノミクス-竹中平蔵×高橋洋一徹底対談!」を発売する。


シティが後援する「FT/Citiインジェニュイティー(都市問題の実践的対策に関する創意工夫賞)」の審査員団を発表=フィナンシャル・タイムズ

フィナンシャル・タイムズは、シティが後援する「FT/Citiインジェニュイティー賞-アーバン・アイデアズ・イン・アクション(都市問題の実践的対策に関する創意工夫賞)」のプログラムに参加する審査員団を発表した。全員がそれぞれの分野のリーダーである審査員が、教育・医療・エネルギー・インフラ分野における都市問題への最も革新的な解決策を選定することになる。


ブランド価値によるグローバル・ブランドランキングTOP100を発表=株式会社インターブランドジャパン

世界最大のブランドコンサルティング会社であるインターブランドは、グローバルのブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2011」 を発表した。このランキングは、グローバルな事業展開を行う企業のブランドを対象に、そのブランドが持つ価値を金額に換算してランク付けするもので、今年で12回目の発表。1位はCoca-Colaで12年連続でトップを維持した、またAppleが初めてTOP10入りを果たしている。


最も魅力的な市区町村に札幌市。都道府県では北海道が連続1位に「第6回地域ブランド調査2011」調査結果より=株式会社ブランド総合研究所

株式会社ブランド総合研究所(東京都港区=田中章雄 代表取締役社長)は、2011年7月、国内1,000の市区町村及び47都道府県を対象に、認知度や魅力度、イメージなど全67項目からなる調査を実施し、全国の消費者3万537人から回答を得て結果を発表した。なお、この調査は今年で6回目の実施となる。


新しい時代に英知と才能の蓄積と利用を=NO FEARコミュニティーがミッション

【ニューヨーク&モスクワ&北京&ヨロイネン発】
NO FEARコミュニティーは、世界の41人のソートリーダーがグローバリゼーションの次のフェーズについて見解を披露し、荒れる市場の中で若者を導き、デジタル時代の才能と成功に指針を提供する。


11月11日の「磁気の日」にあわせて「肩こり調査」を実施=ピップ株式会社

ピップ株式会社(大阪市中央区=藤本久士 代表取締役社長)は、11月11日の「磁気の日」に合わせて「肩こりに関する意識」についての調査結果を発表した。


量的緩和(QE)でデフレ脱却の方向=連邦公開市場委員会(FOMC=Federal Open Market Committee)の動きを注視

アメリカ時間の今日2日。連邦公開市場委員会(FOMC=Federal Open Market Committee)が3日にかけて開催される。連邦準備制度理事会のバーナンキ議長が量的緩和(QE)の提言をする。この提言が世界的なレベルで経済状況に大きな変動を生むことは確かな事実といえる。


量的緩和(QE)でデフレ脱却の方向=アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)とアメリカ連邦公開市場委員会(FOMC)

アメリカ経済の不安要素は、一向に解決されていない。①失業率が高止まり状態であること、②全く先行き不透明の住宅市場、③足腰が疲弊したままの国内総生産、④弱含みのままの消費活動などきりがない。こうした状況下、今週は、アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長の舵取りが注視される一週間となる。


子育て調査の結果、子供に非がないのに怒ってしまう体験が88%。CSP(コモンセンスペアレンディング)の必要性高まる。

株式会社 mediba(東京都港区=大朝毅 代表取締役社長)は、子育てに関するモバイルリサーチを実施した。


ベージュブック(地区連銀経済報告」)が「足腰弱い米景気」と発表した影響。アメリカ連邦準備制度(FRS・FRB)

アメリカ連邦準備制度(FRS=Federal Reserve System)、または、アメリカ連邦準備制度理事会(FRB=Federal Reserve Board,) が、2010年(平成22年)9月8日に、定例のベージュブックを発表してからアメリカ経済全体への不安感が表出してきている。これが円高の背景の重要な要素となっていることは間違いがない。ベージュブックは現在のアメリカの景気をどのようにとらえたのだろうか。


ページ移動