「女性の冬期の悩み関する意識調査」を実施

日本ナットウキナーゼ協会


日本ナットウキナーゼ協会は、血栓予防月間(2015年1月20日~2月19日)に伴い、冬期の冷えによる「ドロドロ血」が招く体の不調や冷えについて全国の20代~50代の女性600名を対象にアンケート調査「女性の冬期の悩み関する意識調査」を実施した。






600人の冬の悩みが浮き彫りに

その結果、
①女性の冬期の悩み7割以上が「冷え」と回答。
四季の中で、体の不調を1番感じるのは「冬」との答え。冬場における体調の悩み「冷え」と回答する女性は7割以上にも。

②日本は冷たい女性だらけ。
中には、10年以上も「冷え性」を放置している「万年冷子」が多発。数字的に見ると、89%の女性が「冷え性」と回答。さらに10年以上も「冷え性」と回答した女性は39.5%。「冷え性」の対策としては、「洋服の厚着」、「生姜の摂取」といった一時的な対策が主流。

③2人に1人が自身の血流状態を危惧
「血流状態に自信がない」人や「ドロドロ血液」と回答する女性は約2人に1人の割合に。め

今回の調査により、1年を通して「冬」に体調不良を感じる人が最も多く、冬場の一番の悩みは「冷え」であることが明らかとなった。全国の20~50代の600名の女性に調査したところ、89.0%の女性が「冷え性」であると回答。

また、「冷え性」だと認識している年数については、5年以上が20.⒏%10年以上との回答が39.5%と半数以上が長年{冷え性}に悩む{万年冷子}であることが判明した。

そこで、長年の{冷え性}に悩む女性に日常的に行う{冷え}対策を調べると、最も多い対策は、「洋服の厚着」であり、その他にも「就寝時のゆたんぽや電気毛布の使用」、「暖房器具のそばから離れない」、「しょうがやシナモンなど体が温まるものを積極的に摂取する」といった一時的な対策傾向。

「冷え性」改善の意気込みについては、「今年こそ冷え性から脱却できるならどんなことをしてでも取り組みたい」という女性は、13.0%、「冷え症を改善したいとは思うが、特段対策は考えていない」が23.9%と「冷え性」に悩みつつも毎年の「冷え」が当たり前となり、あきらめ傾向になっていると推測できた。

最後に、「冷え」の原因にもなる血流状態を質問したところ、49.8%と半数近くが「年相応の血液の流れを保てていると思う」との回答。一方で、34.3%が「血流状態にはあまり自信がない」との回答や8.2%が「絶対ドロドロ血液だと思う」との回答をしており、自身の血流状態を危惧している人も半数近くいることが分かった。

日本ゾーンセラピー協会の大谷由紀子さんは、「冷え症で悩んでいる方の多くは、事務職などで座りっぱなしや立ちっぱなしなど、ふくらはぎの筋肉をきちんと使えていないケースが多い。洋服の厚着や暖房器具の使用に見られる一時的な対策以外にも、お風呂の中でのセルフマッサージや冷え改善のサプリメントを取り入れることも良く、納豆のネバネバに含まれる酵素のナットウキナーゼは、血液をサラサラにすることができるので、うまく活用すると良いでしょう」とコメントした。






  • この記事のURL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気が定着してきたクラフトビール調査を発表

酒文化研究所


酒文化研究所は、同研究所が発効する「さけ通信」の読者モニターを対象にしてクラフトビールに関する調査を実施し結果を発表した。


クラフトビールを「是非飲みたい」人は31%と高い割合

酒飲み1000人に聞き「酒飲みのミカタ」として発表されている同調査。今回のテーマは、最近人気の高まる「クラフトビール」。ビールの最低製造数量が60klに緩和されて地ビールが登場したのが1994年。当初はブーム化して活況を呈したが、流行が終わり、撤退するところが相次いだ。しかし、小規模個性派ビールは生き残り、海外のコンテストでの入賞や個性を評価されている。最近では「ビアフェスティバル」などの試飲イベントは大盛況となっている。

回答者の中でクラフトビールという言葉を知っていた人は84%。飲用経験は、「1月以内にあり」が21%、「半年以内にあり」16%、「一年以内に飲んだ」15%と、半数の人は一年以内に飲んだことがあり、一度も飲んだことがない人は23%となった。(図①)。

飲んだ場所を聞いてみると、最も多かったのは「自宅」で45%。新しいお酒や飲み方は料飲店で体験した後に家飲みに進むケースが一般的だが、クラフトビールは自宅での飲用が多数派となる。「ビアフェスなどイベント」も21%、「一般の飲食店」も16%と自宅外でも飲まれている。また、醸造所併設のパブ(ブルーパブ)やクラフトビール専門パブなど飲むことを目的に出かけて行く場所で飲んだという方も8%ほどとなった。(図②)。

直近半年以内での飲用経験を男女別にみると、女性が46%なのに対して、男性は34%と12ポイントも差が出た。飲んだ場所を聞いても女性は「ビアフェスなど」が43%、「専門パブ」も23%と男性を大きく上回る結果になった。

今後の飲用意向は、「是非飲みたい」31%、「機会があれば飲みたい」50%と高い結果に。クラフトビールは高いと言っても手軽に楽しめる範囲の価格であることや商品数が多いことも関心度の高さにつながっていると推測される。(図③)。



  • この記事のURL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入籍のタイミングを調査-ゾロ目の日が上位を独占

株式会社A.T.brides(=エイティブライズ


株式会社A.T.brides(=エイティブライズ、本社=愛知県名古屋市、代表取締役社長=大崎恵理子)は、運営する「すぐ婚navi」にて、「入籍のタイミング」について調査を実施し集計結果を発表した。


圧倒的な人気は「いい夫婦の日」や「七夕」「クリスマスイブ」

同調査で「入籍日」を集計すると、圧倒的な人気は「いい夫婦の日」の「11月22日」。他に大きく差をつけて1位。「二人にとっていつまでもいい夫婦でいられるように」、「いい夫婦の日は離婚が少ないって聞いたので私達も長く連れ合う夫婦になりたくて」、などの理由が挙げられている。

上位には、七夕の「7月7日」、「10月10日」、「11月11日」など、ゾロ目やイベントの日が多い結果に。「12月24日」も多く「付き合った日がクリスマスイヴだったので、結婚する日も同じにしました」、「2人にとって特別。運命を感じる日だから」などの声があったという。

◎調査概要
調査エリア=全国
調査方法=女性向けアプリ・サイト「ラルーン~女性の悩みケア~」会員へアンケート調査を実施
調査期間=2014年10月
サンプル数=2,977人



  • この記事のURL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“自由に一人になりたい”人が93%の事実

株式会社サンケイリビング新聞社


女性のための生活情報紙「リビング新聞」を発行する株式会社サンケイリビング新聞社(本社=東京都千代田区、代表取締役社長=内堀眞澄)は、読者の声から生まれた「主婦休みの日」の認知度アップに向けた取り組みを行っている。あわせて「主婦の自由時間についてのアンケート」を実施した。






特に子育てが忙しい30代では「自由になる時間が全くない」が27%。

◎一人になりたいと思うきっかけは「ストレス」「疲れ」「ケンカ」=一人時間は「半日以上」を希望

「一人で3時間以上自由に過ごせる頻度は?」と聞いたところ、「週に2・3回」と答えた人が最も多く29・5%。しかし、 「月に1・2回」か「それ以下」しか自由になる時がない人も約3割! 特に子育てが忙しい30代では「自由になる時間が全くない」が27%と、息つく暇が無い状態。また、自分の時間があると答えた人も、「半日以上ひとりで自由に過ごせ る時間がほしい」と願っている。

◎一人で出かけることに「罪悪感がある人」は21.6%=8割以上が「出かけた時にはお土産を購入」

一人で外出したことがある人に、「一人で外出することに罪悪感がある?」と聞いたところ、「はい」と回答した人は少 数派(21.6%)。ただし外出した時には、家族のために、お菓子や夕食のお惣菜など、いつもよりちょっと豪華なお土産 を買って帰って後ろめたさを解消している。

◎特に楽しかった一人時間の思い出は?〉
◇一人でケーキをたくさん購入して自宅でケーキバイキングをして楽しみました(30歳)
◇初めて子どもを一時保育に預けられた日、久しぶりすぎる一人の時間にしばらく戸惑いましたが、
◇駅で子どものことを何も考えずに(エレベーターや、乗車場所など)階段を一人でかけ上った時に、何とも言えない開放感を感じま した(38歳)
◇漫画喫茶で漫画三昧(38歳)
◇コンサートを観に東京まで1人旅したこと(39歳)
◇イケメンモデルのイベントに行って、オールナイトで遊んだこと(41歳)
◇公園の満開の桜の下で1人お花見。 お酒と和生菓子を楽しんだり、ヨガや昼寝をして思いっきりリラックス(41 歳)
◇一日フリーチケットを使って、私鉄を乗り継ぎ、京都や奈良を巡りました。寺社を歩いたり、地の特産品を 購入したり。街の風景を存分に楽しみました(42歳)
◇デジタルカメラを持ってさくらの写真を撮りに自転車ででかけた。お天気が良くて綺麗な写真が撮れて気持ち よかったです(46歳)
◇朝が少々早かったが バスツアーに参加して桜と食事を楽しんだこと。6時までに帰ることができ、夕食の 支度をする余裕があった(67歳)
などの結果となった。


  • この記事のURL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女子高生・女子大生に母の日の意識調査

フリュー株式会社


プリントシール機やゲーム機の開発をしているフリュー株式会社(本社=東京都渋谷区、代表取締役社長=田坂吉朗)が運営する女子高生・女子大生の動向の調査・研究組織「GIRLS’TREND(ガールズトレンド)研究所」は、2013年3月に「母の日に関する意識調査」を実施し、その調査結果を発表している。




女子高生・女子大生にとって、母の日のプレゼントをあげるのは定番に。

その調査結果によれば、「日付の認知度は29%と低めな一方、プレゼントは90%があげる」という実態が明確になった。母の日の日付は、毎年5月の第2日曜日という決まりであるため日付の認知度は低い結果に。しかし、プレゼントについては90%が「あげる」と回答し、女子高生・女子大生にとって、母の日のプレゼントをあげるのは定番となっている。

また、母の日をきっかけとして「92%が将来母親になりたいと希望し、第1子出産希望年齢は99%が30歳未満という出産意識を持っていることが明確になった。第1子出産年齢の平均は24歳という結果になった。厚生労働省が2012年6月5日に発表した「平成23年人口動態統計月報年計」によると、第1子出産時の母親の平均年齢は30.1歳と上昇傾向。しかし、女子高生・女子大生は20代をひとまず第1子出産を目指していることが分かる。

理想の母親、芸能人ランキングでは「第1位は松嶋菜々子さん」となった。第2位はモデル・タレントの木下優樹菜さん、タレントの辻希美さんが同順位。第3位はタレントの北斗晶さんという結果。私生活で芸能人と結婚し、出産を経験、産後も芸能界で活躍されている方が、女子高生・女子大生から支持されている。

◎「GIRLS'TREND 研究所」とは。
5年連続でプリントシール機の機種別売り上げ1位を獲得しているフリュー(株)における調査・研究組織。主な調査対象は、女子高生・女子大生。「GIRLS'TREND研究所」ではこの調査の一部をニュースレターとして情報発信中。

◎調査概要
調査期間=2013年3月12日(火)~ 3月20日(水・祝)
調査方法=プリントシール画像共有サイト「ピクトリンク」上におけるインターネットアンケート
調査対象=プリントシール画像共有サイト「ピクトリンク」会員の女子高校生、女子大学生・短大生
有効回答数=340サンプル。高校生=241サンプル、大学生・短大生=99サンプル。

◎「ピクトリンク」とは
フリューが運営する交流サイト。フリューのプリントシール機で撮影した写真を、自身の携帯電話やスマートフォンにダウンロードし、装飾したり、画像を共有することができる。現会員数500万人。



  • この記事のURL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アーカイブス

家族の健康のため」、94%が「毎朝朝食を作るべき」と回答。「頑張りママ」が朝食づくりに懸命な努力=日清シスコ株式会社
日清シスコ株式会社(本社=大阪府堺市、社長=森川俊彦)は、第1子が3歳~5歳の女性500名を対象に「新生活とママたちの朝食作り事情に関する調査」を...

62.9%が「ひとり旅」願望で女性より男性、年配者よりも若者に多い結果に=株式会社ジェイティービー
JTBは「JTB旅のアンケートたびQ」で、ひとり旅に関するWEBアンケートを実施し、3934人より回答を得て調査結果をまとめ発表した。...

ネット炎上とWebリスク対応策などについて調査を実施=一般社団法人ニューメディアリスク協会
一般社団法人ニューメディアリスク協会(所在地=東京都港区赤坂3-13-3、理事長=中村伊知哉)は、2012年に起こった主なネット炎上とWebリスク...

女子中高生を対象とした「年賀事情に関する意識調査」によれば、新年挨拶は93%がメールで=フリュー株式会社
フリュー株式会社(本社=東京都渋谷区、代表取締役社長市=田坂吉朗)は、2012年12月、女子中高生を対象に「年賀事情に関する意識調査」を実施した。...

「お家のお片付けに関する意識調査」を実施。「お片付け」に悩みがある既婚女性は89%に=インブルーム株式会社
機能的な収納方法の提案と家事代行サービスを行うインブルーム株式会社(本社=東京都港区、代表取締役社長=野村 洋子)は、20歳以上の既婚女性341名...