復興支援ドキュメンタリー映画が緊急公開

映画「がんばっぺフラガール!」


「歌い、踊り、自らの足で立て!未来へ笑顔をとどけよう!」。そんな願いを持って踊り続けた姿を描いた復興支援ドキュメンタリー映画「がんばっぺ フラガール!~フクシマに生きる。彼女たちのいま~」が2011年(平成23年)10月29日)緊急公開される。


10月1日のスパリゾートハワイアンズ営業再開日に映画もクランクアップ。

3月11日に発生した東日本大震災により甚大な被害を受けた福島県いわき市。地震、津波、原発事故、風評被害の四重苦にあえぐこの地で、東北のハワイとして長い間親しまれてきた大型レジャー施設・スパリゾートハワイアンズが、その昔、開業前年に行った「フラガール」たちによる全国キャラバンを46年ぶりに復活させた。

避難住民に一部施設を提供しながら、スパリゾートハワイアンズは営業再開に向けて必死の開業活動を開始した。そんな中、自らが被災しながらも、踊り続けることを決意し、「フラガール 全国きずなキャラバン」へと向かうフラガールたち。「笑顔を街へとどけよう。私たちの原点に戻るんだ」。それは奇しくも、映画「フラガール」(2006年)にも描かれた、常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)創設時の危機的状況と重なるものでもあった。

本作は、ステージでは決して笑顔を絶やすことなく、被災者を勇気づける彼女たちの姿を4カ月にわたって、追い続けたドキュメンタリー作品。フラガールたちのみならず、ハワイアンズの人々や被災者のひたむきに生きる姿を4ヵ月間追い続けるのは、数多くのドキュメンタリー作品や映画に携わってきた小林正樹監督。音楽を担当するのは、映画に引き続き、ジェイク・シマブクロ。祖母が福島県出身であることから、自身も積極的な支援活動を行っている。そしてナレーションには、映画「フラガール」で、その年の女優賞を総なめにした蒼井優。蒼井は「映画でお世話になった方々のために、少しでも役に立つことができれば」と参加を決意したという。

本作は現在も撮影中で、クライマックスは10月1日のスパリゾートハワイアンズ営業再開日。このドキュメンタリー映画も、この日にクランクアップ。ただちに編集とMA(録音)を行い10月29日に公開する。この秋に期待したい一作といえる。


  • この記事のURL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加