第1回熱海のらーめんフェスティバル開催

株式会社タカラトミーアーツ


「熱海市各地区観光協会連絡協議会」(所在地=静岡県熱海市渚町、正式名称=一般社団法人熱海市観光協会、会長=森田金清)と、タカラトミーグループの玩具業界のリーディングカンパニー「株式会社タカラトミーアーツ」(本社=東京都葛飾区、代表取締役社長=鴻巣崇)は、2012年(平成24年)4月19日、全国の玩具店で発売するエコトイ「のほほん族 花」をイベントメインキャラクターに採用して「第1回熱海のらーめんフェスティバル」を開催し地域活性化を強力に推進する。


32店舗が参加してラーメンによる地域再生化

この「第1回熱海のらーめんフェスティバル」は、熱海市観光協会が民間企業と初めて取り組んだ「地域活性化プロジェクト」。国民食とも言える「ラーメン」をテーマに熱海の活性化をはかることを目的としている。

◎「熱海のらーめんフェスティバル」概要
JR熱海駅構内にある「熱海駅コンシェルジェ」等で配布しているスタンプカードをフェスティバル参加店舗でオーダー時に店員に提示すると、各店舗ごとに設定されている参加特典(無料サービスなど)が受けられる。また、参加店舗でラーメンを食べる際に押印されるスタンプを5つ集めて応募すると、プレゼントサービスされるキャンペーンを実施。参加店舗では「のほほん族 花」が店内に設置されている他、店頭にイベントのぼりが設置されていてわかりやすく、熱海の街をぶらり散策しながら気軽にイベントに参加することができる。

名称=第1回熱海のらーめんフェスティバル
期間=2012年5月1日(火)~10月31日(水) 
スタンプカード配布場所=熱海駅コンシェルジェ、熱海市観光協会ワカガエルステーション、綱代温泉観光協会案内所、多賀観光協会うみえーる長浜、各参加店舗
主な参加特典=チャーシュートッピング、ラーメン大盛り無料サービス等、各店舗ごとに趣向を凝らしたサービスが受けられる。
参加店舗=熱海市内及び近郊ラーメン店32店舗

麺屋えびす、香蘭亭、燕京、雨風本舗、アジアンダイニングTOSHIMAYA、ya~ya~屋、海雲堂、石川屋、一番軒、ごっつお屋ま~る、海王、串焼旬菜 楽、ラーメンしゅん、濱よし、浪花亭、麺匠うえ田、わんたんや、焼肉レストラン南海苑、幸華、中華飯店大一樓、麺彩味くら、ちゅうしんの蔵、橋三、新広楼、むさしや、みのやマリン、松福長浜海岸店、博龍、中華やまとや、新時天煌、ふくしま本店、とおる食堂。


  • この記事のURL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加