アメリカの高校生1000名が東北被災地へ

国際交流基金・キズナ強化プロジェクト


国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、東日本大震災復興支援事業の一環として行われる青少年交流事業「キズナ強化プロジェクト」で、日米の青少年交流事業を実施する。


相互の高校生や大学生の交流を通して国際的な視野をはぐくむ。

まず、今年6月・7月にかけて、合計1000名のアメリカ人高校生が全米各地から、2週間の日程で被災した宮城県・岩手県・福島県・茨城県を訪問し、清掃や植樹などのボランティア活動をすると同時に、市民との交流活動を通じて復興の様子を体験する。

また、被災地の日本人高校生も1000名が渡米し、全米各地でホームステイや交流活動に参加しながら、自身の出身地の復興状況について発信。また、被災地等の日本人大学生200名が米国に6ヶ月間滞在し、英語研修と企業・団体でのインターンシップに参加し、復興状況を発信するとともに国際的な視野をはぐくむことになる。

  • この記事のURL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加