ボーイズ・ヴォーカル・ユニット「リベラ」話題に

株式会社EMIミュージック・ジャパン


イギリスの、限りなく美しいヴォイスが話題のボーイズ・ヴォーカル・ユニット「リベラ(Libera)」が、2012年4月13日と14日に、東京・渋谷のオーチャードホールで美しい歌声を聞かせ感動と話題を読んだ。


美しすぎる歌声が感動を呼ぶ。

7歳から14歳のロンドンの聖歌隊のメンバーをベースに構成されている「リベラ」。最新クラシック・チャートでもトップ3を独占している。サウンドスキャン・ジャパンの「週間Classicアルバムヒットチャート200」(2012年4月9日~4月15日)で、3月に発売された「来日記念盤 エンジェル・ヴォイセズ2012」が1位に、「生命の奇跡」が2位に、そして「祈り~あなたがいるから」が3位にランクインする快挙となっている。

彼らは、今回の公演に先駆けて4月12日に日本テレビに出演、その直後から「グーグル検索急上昇ワード」や「アマゾン 音楽のベストセラー」では急上昇し、来日記念盤も品薄状態となっている。

今回のアルバムは、公演にあわせて企画された作品で、昨年NHKドラマ10「マドンナ・ヴェルテ」の主題歌として話題を集めた「生命の奇跡」や、「誓い~ジュピター」「オリノコ・フロウ」など、馴染みの楽曲が収録されている。


  • この記事のURL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加