近ツーと吉本でモバイルスタンプラリー実施

近畿日本ツーリスト株式会社


近畿日本ツーリスト株式会社は、吉本興業グループの株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー(本社=大阪市中央区、社長=水谷暢宏)と共同で、吉本興業創業の地・大阪にて「大阪おもろナーレ!商店街モバイルスタンプラリー」を開催する。


第1弾は、商店街の26店舗が参加してスタンプラリーがスタート。

「大阪おもろナーレ!商店街モバイルスタンプラリー」は、オリジナル位置ゲーム「たびココ☆おでかけチェックイン」のスマートフォン用アプリのリリースと、創業100周年を迎えた吉本興業が展開する大阪復興施策である「大阪おもろナーレ!」とのコラボレーション企画。

『「たびココ」でミナミの街を遊ぼう!!』をキャッチフレーズに、大阪ミナミの商店街活性化を目的として1年間のロングランスタンプラリーを実施する内容。第1弾として、5月8日まで、「春のイケメン&看板娘祭り」と称して、ミナミの商店街の26店舗を皮切りにスタンプラリーをスタートさせている。

携帯電話のGPS機能を利用したモバイルスタンプラリーで、「たびココ」に登録すれば、誰でも無料で参加できる。参加店舗のイケメン店員や看板娘を探してスタンプを集め、8ポイントを集めると、なんばグランド花月で楽しいよしもとグッズがプレゼントされる。第2弾以降では、季節ごとに参加店舗をさらに拡大させ、ミナミを盛り上げていくという。


  • この記事のURL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加