東京タワーや東京スカイツリーの点灯も支援

エスティローダー株式会社


エスティローダー株式会社(日本本社=東京都千代田区、代表取締役社長=エリック・ドゥイエ)は、10月1日より1ヶ月間、乳がん早期発見啓発活動を実施している。




ピンクリボン活動を創生期から支援した実績。

「ピンクリボン」を乳がんの早期発見を願うシンボルとしてアメリカで1992年に発案して以来、エスティローダーグループの活動は今年で20周年を迎える。毎年10月を注力月間と定め、世界規模で取り組んでいる社会貢献活動。日本では、8つのグループブランドが支援活動を行っている。

日本での乳がんにかかわる各種調査では、先進国の中で極端に低い検診率*や、増加する罹患率や死亡率などの懸念が明らかになっている。エスティローダーグループでは、早期発見・早期治療で治る可能性の高い乳がんについての認知を高める活動を今後も継続していくという。2009年のマンモグラフィ検診受診率では、アメリカが72.5%なのに対し、日本は23.8%と低い。

◎エスティローダーグループのピンクリボン2012年日本での主な活動は、
◇グローバル ランドマーク イルミネーション=10月1日、18:45-23:00
定期健診の大切さを伝えるために、日本では東京タワー、および東京スカイツリー(R) が点灯された。この活動は2010年「社会貢献活動の趣旨で、24時間以内に点灯された最多ランドマーク数(世界38箇所)」としてギネス世界記録に登録。
 
◇啓発カードの配布および支援製品の発売=10月1日―10月31日 
8ブランドの店頭(日本国内:総計約700拠点)で限定発売する支援製品の収益の一部を、乳がんにかかわる団体に寄付。




  • この記事のURL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加