「ピンクリボン運動」をチサンホテルで支援

ソラーレホテルズアンドリゾーツ株式会社


全国に56店舗を展開するチサン ホテルズ(運営=ソラーレホテルズアンドリゾーツ株式会社、本社=東京都千代田区、代表取締役社長=A.G.ヴィリリ)では、乳がんの正しい知識を広め、乳がんの早期発見、早期診断、早期治療の大切さを呼びかける「ピンクリボン運動」への支援「THINK PINK」を実施している。


チサンブランドのホテルが支援母体に。

現在、日本女性の16人に1人が乳がんにかかるというデーターなどもあり、亡くなる方は年間で約1万2千人に達するともいわれている。また、女性の壮年層(30~60歳)では乳がんが死亡原因のトップとなっている。

しかし、現在の医療の進化と共に、乳がんも早期発見であれば90%の確立で治癒するとの医学的な判断があるが検診についての理解はまだ多くはない。早期発見、早期診断、早期治療の大切さを訴求することが極めて重要となる。

ソラーレホテルズアンドリゾーツ株式会社の「チサンホテルズ」ブランドでは、こうした現状を踏まえ、ホテル利用者の多くのビジネスマンを支える女性達の健康を男性の立場からも積極的に支援したいという思いをこめて「ピンクリボン運動」への支援を「THINK PINK」というキーワードを掲げ実施している。

チサン ホテルズのピンクリボン運動支援の主な活動は、①認定NPO法人乳房健康研究会の「ピンクリボンパートナー」へ加盟、②ホームページ内に「ピンクリボンページ」を開設、③募金箱、乳がんの正しい知識を伝える啓発ツール「乳がんQ&A」の設置、④ピンクリボン支援宿泊プランの販売、⑤すみだピンクコミュニティキャンペーン2012 ピンクリボンウオーク inすみだ~東京スカイツリーを目指そう~への協賛、⑥社内チャリティイベント「ピンクの日~WEAR IT PINK DAY」の開催などとなっている。

  • この記事のURL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加