東京にアマンリゾート

アマンリゾーツグループ

    2009/12/01

東京建物株式会社(東京都中央区八重洲1丁目9番9号=畑中誠 代表取締役社長)は、大成建設と共に、大手町1丁目て進行している再開発計画地(仮称・大手町1-6計画)の複合ビルに「アマンリゾーツグループ」のホテルが入居することが決まったと発表した。開業は2014年(平成26年)の予定。


世界が見守る「アマン東京」

「(仮称)大手町1-6計画」は、特定目的会社の、有限会社東京プライムステージが東京建物に開発業務を委託。大成建設とともに開発計画を推進しているビックプロジェクト。立地が極めて良く開発面積も地上36階のため大きい。事務所、店舗の他、このプロジェクトにふさわしいイメージの高いホテルの誘致をしていた。
 
今回決定したアマンリゾーツグループは、ハイクラスでラグジュアリーなリゾート施設をリードしている。国内の高級リゾートホテルの多くも、いわゆる「アマン風」というコンセプトやデザインを取り入れている。それだけにどのようなホテルを創成するかが見ものとされている。アマンリゾートは1988年にプーケットに「アマンプリ」を開業して以来、20年で23のアマンが誕生している。

オリジナリティ溢れるユニークなコンセプトとホスピタリティ。「リゾートホテル界最高のブランドであり、世界中のトラベラーが一度は訪れたい憧れの存在」とまでいわせている。現在では「究極の隠れ家」と称されている。そのアマンが東京でどのようなホテルを造るのだろうか。世界が見守っている。


高層部分がホテルとなる予定

  • この記事のURL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加