「頑張りママ」が朝食づくりに懸命な努力

日清シスコ株式会社


日清シスコ株式会社(本社=大阪府堺市、社長=森川俊彦)は、第1子が3歳~5歳の女性500名を対象に「新生活とママたちの朝食作り事情に関する調査」を実施した。




「忙しい朝、それでも家族の健康のため」94%が「毎朝朝食を作るべき」と回答。

①多くのママたちは忙しい朝の時間と戦いながら朝食づくりに懸命に努力。
「朝時間は非常に忙しい」というママは、今回の調査対象の85%になる。その忙しさの背景には、朝食作りの大変さが感じられる。朝食作りについては、「家族の健康のためには、忙しくても毎朝しっかりと朝食を作るべきだと思う」というママが94%を占め、「朝食を作る頻度」についても、80%が「毎日」と回答。「週に5~6日」という人も9%で、9割ものママが、ほとんど毎日朝食を作っているという結果になった。

②「さらに忙しく・・・」 希望の新生活も、ママの3人に1人は「不安」
こうした“頑張りママ”たちは、4月からの新生活を迎えるにあたり“期待”と“不安”が錯綜。「“期待”が大きい」と7割のママが答えたものの、ママたちの3人に1人は、新生活に対して、「“不安”が大きい」と感じていることが分かった。

こうした結果を裏付けるように、「新生活はますます忙しくなりそうですか?」と聞くと、「忙しくなりそう」というママは70%。前述の通り、現在の生活の中でも85%のママが「朝時間は非常に忙しい」と感じていることがうきぼりになった。

③「シスコーン」は発売50周年。86%が「忙しい朝にシリアルが良い」とママたち。
こうしたママたちの“頑張り”を支えるひとつに「時短テク」などの工夫が挙げられる。その割合は、57%で半数を超える結果に。さらに、こうした時短テクなどの工夫が重要だと感じているママは98%で、ほぼ全員となっコーンフレークなどのシリアルの利用も「時短テク」として捉えている姿がみられたという。



  • この記事のURL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加