京都府精華町広報キャラクター「京町セイカ」に

株式会社ウェブテクノロジ・コム


コミPO!製作委員会(株式会社ウェブテクノロジ・コム内、本社=東京都豊島区、委員長=田中圭一)は、京都府精華町の広報キャラクターの愛称について「京町セイカ (きょうまちせいか)」に決定したことを発表した。同キャラクターは漫画作成ソフト「コミPO!」の3Dキャラクターで、本日より追加3Dキャラクターデータの無償配布も開始する。






地方自治体での「コミPO!」専用3Dキャラクターデータの採用は、精華町が初めてのケースとなる。今後は「京町セイカ」が精華町の様々な情報を町民に向けて、そして日本全国に向けて発信する。

京都府精華町広報キャラクターの愛称は2013年7月5日から8月7日まで広く募集が行われ、北は北海道から南は九州まで、そして海外はアメリカからも応募があった。応募総数138通の中から愛称を決定するために2013年8月21日に、京都精華大学マンガ学部教授の竹熊健太郎氏を座長とした「精華町キャラクター愛称検討会議」を開催し、コミPO!作委員会からは統括ディレクターの大和智明が出席。会議では熱心な議論が行われ、最終的に「京町セイカ」という愛称が選定された。

◎京町セイカ プロフィール
名前=京町セイカ(きょうまち せいか)
年齢=20歳代前半くらい
ファッション=町章と同じグリーンが好きで、服装は何を着てもいつも緑色!
役割=精華町の広報活動をお手伝い。

また、愛称決定と同時に京町セイカの追加3Dキャラクターデータが精華町の特設ページで公開。コミPO!専用データとして無償でダウンロードでき、プリセットキャラクターと同じようにコミPO! の作品に活用することができる。

なお、「コミPO!」では過去に、マイクロソフト社のWindows Azure公認キャラクター「クラウディア窓辺」の3Dキャラクターや、スクウェア・エニックス社発行の「ヤングガンガン」で連載中のマンガ「どーにゃつ」の3Dキャラクターと、それを収録した専用バージョンの提供を実施した。


  • この記事のURL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加