「女性の冬期の悩み関する意識調査」を実施

日本ナットウキナーゼ協会


日本ナットウキナーゼ協会は、血栓予防月間(2015年1月20日~2月19日)に伴い、冬期の冷えによる「ドロドロ血」が招く体の不調や冷えについて全国の20代~50代の女性600名を対象にアンケート調査「女性の冬期の悩み関する意識調査」を実施した。






600人の冬の悩みが浮き彫りに

その結果、
①女性の冬期の悩み7割以上が「冷え」と回答。
四季の中で、体の不調を1番感じるのは「冬」との答え。冬場における体調の悩み「冷え」と回答する女性は7割以上にも。

②日本は冷たい女性だらけ。
中には、10年以上も「冷え性」を放置している「万年冷子」が多発。数字的に見ると、89%の女性が「冷え性」と回答。さらに10年以上も「冷え性」と回答した女性は39.5%。「冷え性」の対策としては、「洋服の厚着」、「生姜の摂取」といった一時的な対策が主流。

③2人に1人が自身の血流状態を危惧
「血流状態に自信がない」人や「ドロドロ血液」と回答する女性は約2人に1人の割合に。め

今回の調査により、1年を通して「冬」に体調不良を感じる人が最も多く、冬場の一番の悩みは「冷え」であることが明らかとなった。全国の20~50代の600名の女性に調査したところ、89.0%の女性が「冷え性」であると回答。

また、「冷え性」だと認識している年数については、5年以上が20.⒏%10年以上との回答が39.5%と半数以上が長年{冷え性}に悩む{万年冷子}であることが判明した。

そこで、長年の{冷え性}に悩む女性に日常的に行う{冷え}対策を調べると、最も多い対策は、「洋服の厚着」であり、その他にも「就寝時のゆたんぽや電気毛布の使用」、「暖房器具のそばから離れない」、「しょうがやシナモンなど体が温まるものを積極的に摂取する」といった一時的な対策傾向。

「冷え性」改善の意気込みについては、「今年こそ冷え性から脱却できるならどんなことをしてでも取り組みたい」という女性は、13.0%、「冷え症を改善したいとは思うが、特段対策は考えていない」が23.9%と「冷え性」に悩みつつも毎年の「冷え」が当たり前となり、あきらめ傾向になっていると推測できた。

最後に、「冷え」の原因にもなる血流状態を質問したところ、49.8%と半数近くが「年相応の血液の流れを保てていると思う」との回答。一方で、34.3%が「血流状態にはあまり自信がない」との回答や8.2%が「絶対ドロドロ血液だと思う」との回答をしており、自身の血流状態を危惧している人も半数近くいることが分かった。

日本ゾーンセラピー協会の大谷由紀子さんは、「冷え症で悩んでいる方の多くは、事務職などで座りっぱなしや立ちっぱなしなど、ふくらはぎの筋肉をきちんと使えていないケースが多い。洋服の厚着や暖房器具の使用に見られる一時的な対策以外にも、お風呂の中でのセルフマッサージや冷え改善のサプリメントを取り入れることも良く、納豆のネバネバに含まれる酵素のナットウキナーゼは、血液をサラサラにすることができるので、うまく活用すると良いでしょう」とコメントした。






  • この記事のURL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加