福田萌さんも参加して輝女会を発足。岩手の魅力発信を誓う

岩手県


岩手県は、女性の視点で現代の女性が魅力を感じる旅の提案を行う「輝女(キラじょ)」をいやす、「いわて旅の会(通称、輝女会)」の結成発表会を、岩手県出身のタレントで輝女会のメンバーである福田萌さんを招いて行った。


ワンランク上のいやしを体験できるように対応

輝女(キラじょ)とは、「仕事や家庭の日々を自分らしく生きている現代の女性をキラキラ輝いている女性」とし、「輝女会」は、輝女が岩手を旅することでワンランク上のいやしを体験できるようにするため、女性の視点で観光資源の発掘と旅の企画に取り組むことと定義している。

「輝女会」には、福田萌さんのほか、旅行業界や県の観光・広報など関係部局の女性職員の合計11名で構成。第1回輝女会では、女性向けの新たな旅の魅力になりうる素材として、「あまちゃん」で有名になった三陸鉄道を活用した女性向けのプランや、岩手ならではの体験プログラムなどについて意見交換を行った。

福田萌は、「タレントとして岩手の魅力を発信していきたいと思っていたので、この取り組みを聞いたとき、まさに私がやりたいことだと思った。輝女メンバーと一緒に岩手の魅力を伝えていきたいと思う」と話し、達増拓也岩手県知事は、「とてもいいコンセプトと力強いメンバーでスタートしたと思う。岩手の復興の現状とこれからを見ていただくことで、訪れた国内外の人が、輝女として活躍してもらえるようなワンランク上のいやしを提供していきたい」と県を挙げて取り組んでいく姿勢を示した。
 
輝女会の最後には、記念撮影を行い、岩手の売りこみを誓った。 今後は、輝女会での検討やメンバーが取材・交渉などで奮闘する様子をFacebookなどで発信する。岩手県では、輝女会の提案をもとに旅行商品に結び付けるとともに、女性旅行誌など様々な媒体で発信していくとしており、首都圏で「岩手の魅力」を発信するイベントも予定する。

  • この記事のURL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加