感動的なショートムービー公開

ジェットスタージャパン


ジェットスタージャパン(本社=千葉県)が公開している2作品のショートムービーが話題になっている。




航空業界に本当の意味での大きな変革が訪れることを示唆。

2作品とは、12歳の女の子の「会いたい」を描いた ハートウォーミング・ショートムービーの「おこづかいで、会いに行くよ」篇と、遠距離恋愛を乗り越えた2人の、約10か月間の実話を描いたフォトムービー「時速863kmで、会いに行くよ」篇。共に、「いつでも安い。だから、いつでも会いに行ける。JETSTAR」のコピーが訴求されている。

格安航空会社の存在そのものである「安い価格で利用できる」というコンセプトを上手に表現しており、多くの視聴者が好感を持ってみている。航空会社の基本的なサービスは、①安全性、②移動スピードの速さ、③リーズナブルな価格の3点。決して過度なもてなしサービスや利用頻度による顧客の差別化ではないことを利用者が気がつき始めたことは、実は航空業界の大きな変革が訪れることを示唆している。

  • この記事のURL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加