新しい世界的クリエイティブ戦略を発表

カルバンクライン


カルバン・クラインは、コレクションのクリエイティブディレクターを務めるフランシスコ・コスタとイタロ・ズッチェーリの退社にともない新しい世界的クリエイティブ戦略を発表した。
写真▲=フランシスコ・コスタ
写真▼=イタロ・ズッチェーリ




すべての事業カテゴリーを横断する一つのクリエイティブ・ビジョンへに集約される予定

フランシスコ・コスタは、カルバン・クライン・コレクション、レディース・クリエイティブディレクターを、イタロ・ズッチェーリは、カルバン・クライン・コレクション、メンズ・クリエイティブディレクターを担当していた。

この戦略は2013年にジーンズとアンダーウェア事業を再獲得したことに端を発し、カルバン・クライン・ブランドの方向性を世界的に変化させる試みの一環。100億ドル規模の世界的小売販売事業の構築を続ける中でこうした取り組みへの着手は、世界でのブランドの位置づけをさらに高め、長期にわたる世界的成長への道を固める異を目的としている。新しいブランドの方向性は最終的に、すべての事業カテゴリーを横断する一つのクリエイティブ・ビジョンへに集約される予定という。

カルバン・クライン最高経営責任者(CEO)のスティーブ・シフマンは、「このクリエイティブ戦略はクラインの引退以降のカルバン・クライン・ブランドの歴史において、重要な意味を持つ新たな章の幕開けを象徴するもの。カルバン・クライン・ブランドへの揺るぎない注力とこの10年間の功績に対し、コスタとズッチェーリに感謝する。二人は共に、カルバン・クラインを世界のファッション界のリーダーにするための多大な貢献を果たし、献身的に集中して独創性を保ちながら取り組んできた」と2人の貢献を評価する。

PVHコープの完全所有子会社であるカルバン・クラインは、ファッションデザインおよびマーケティングを手がける世界トップクラスのスタジオ。女性用と男性用のデザイナーコレクション・アパレルと他の幅広い製品のデザインと販売を行い、製品は世界的なライセンス契約と他の契約による広範なネットワークを通じて製造、販売されている。カルバン・クライン・ブランドを冠した多様な製品ラインには、女性用ドレスとスーツ、男性用服飾品とテーラードクロージング、男性・女性用のスポーツウェア、ブリッジアパレル、コレクションアパレル、ゴルフアパレル、ジーンズウェア、アンダーウェア、フレグランス、アイウェア、女性用パフォーマンスアパレル、ストッキング、ソックス、フットウェア、スイムウェア、ジュエリー、ウォッチ、アウターウェア、ハンドバッグ、小型革製品、インテリア用品(家具を含む)などを網羅している。

130年以上の歴史を持つPVHコープは、カルバン・クライン、トミーヒルフィガー、ヴァンヒューゼン、IZOD、アロー、スピード*、ワーナーズ、オルガなどのブランドを所有している。


  • この記事のURL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加