今日から公開。話題作に多くの女性が注目。

「セックス・アンド・ザ・シティ2」


話題の映画が今日(2010年6月4日)から公開される。その題名は「セックス・アンド・ザ・シティ2」。5月30日に、この映画に出演している4人の女優が来日、成田空港には多くの女性ファンが出迎えた。翌、31日に記者会見。そして6月の1日の日本プレミアでは、レッドカーペットを歓声が渦巻く中、日本のファンの多さに感激しながら歩いていた。今回は脚本も担当したマイケル・パトリック・キング監督も一緒に来日した。


4人も驚くほどの熱狂的な記者会見

この作品は、アメリカのテレビシリーズの映画化。映画としては2作目にあたる。キャリアを持つ4人の女性たちの日常的な出来事が描かれている。それだけに多くの視聴者の共感を得ている。映画も5月の末から上映されているが興行成績も極めて良いスタートとなっている。

5月30日の記者会見。東京都港区でおこなわれたが、女性を中心にした多くの記者やフォトグラファーが集まり熱気に満ちあふれていた。4人が記者会場に登壇すると、メディアの記者や招待者から拍手と歓声。手を振る女性記者も現れ会場の盛り上がりはフィーバー状態となった。それだけ、彼女らが演じる主人公たちは、働く女性の共感を得ている。「ライターの仕事が続けられたのも彼女たちがいてくれたから。悩みや苦しみ。ほんのちょっとの幸せも、心の中でいつも共有してくれた」と語る女性記者もいた。鳴り止まない歓声と拍手の中で「ありがとう。私たちを歓迎して暮れてありがとう」と、何度も感謝をしていた。

記者会見の質疑応答では、報道陣から「映画の中で、印象に残っているシーンは?」の質問に「カラオケのシーンです」と、4人がほぼ異口同音。その通り、映画の中でも良い仕上がりのシーンになっている。

6月1日の日本プレミアで盛り上がりはクライマックスを迎えた。入場できないファンをカウントするとおおよそ3000人が集まり、熱砂狂的な歓声を4人に送っていた。4人は挨拶でも「日本のファンの皆さんの声援の多さに驚いています、そして感謝します」と応えた。日本プレミアは世界各地でおこなわれたプレミアのファイナルにふさわしい盛り上がりとなっていた。

◎4人のキャストデータ
キャサリー・・・サラ・ジェシカ
サマンサ・・・・キム・キャトラル
シャーロット・・クリスティン・ディビス
ミランダ・・・・シンシア・ニクソン
◎来日の模様はここから。
◎映画作品の情報は「日報エンターテインメント」で。


5月31日の記者会見前のフォトセッションタイム


6月1日のプレミアムで。多くのファンに囲まれて。

  • この記事のURL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加