あきらめない心を学べる1本の映画が話題に。

映画「ベスト・キッド」


「決してあきらめない」を作品のメッセージにしている映画「ベスト・キッド」。その作品で主人公ドレ役をウィル・スミスの息子ジェイデン・スミスが見事に演じているので話題となっているが、ビジネスエグゼクティブから注目されている。


ビジネスの基本は「あきらめない」こと。

ビジネスエグゼクティブの間で、「能力」、「知力」、そして「あきらめない心」が注視されているが、それに役立つ映画として「ベストキッド」が取り上げられている。しっかりした修業、目標の設定、そしてたゆまぬ努力。経営学修士コースではさほどマスターしなかったケース。

2010年(平成22年)8月14日より全国公開の映画「ベスト・キッド」は、1984年のあの不朽の名作「ベスト・キッド」のリメイク。舞台は中国・北京に、そして空手からカンフーへとかわった本作のプロデューサーはウィル・スミス。師匠役には名実ともに世界NO1のカンフーマスター、ジャッキー・チェン。そのジャッキーからカンフーの手ほどきを受ける少年を、ウィル・スミスの息子ジェイデン・スミスが演じている。新宿ピカデリーほか全国ロードショーされる。ビジネスマン必見。
◎詳しい映画情報は「日報エンターテインメント」で。


修業が始まり日々成長していくドレ。

  • この記事のURL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加