CHANGEMAKERS OF THE YEAR受賞者決定

日経BP社・日経ビジネスオンライン


日経BP社(東京都港区=長田公平 代表取締役社長)と、リシュモン・ジャパン株式会社カルティエ(協賛)は、時代を変える新しい力を持つ、社会変革の担い手である「チェンジメーカー」を選出・表彰する「CHANGEMAKER OF THE YEAR 2011」の受賞者を発表した。


「食流通ビジネス」「体内時計」「世界標準の芸術性」

この企画は、昨年から始まり、今年が第二回目。表彰ジャンルは「経営・マネジメント部門」、「クリエーター部門」、「研究者部門」の三部門で、各一名づつが表彰される。2011年(平成23年)5月24日に授賞式を実施した。

選出方法は日経BP社が発行する「日経ビジネス」と、運営するWebサイト「日経ビジネスオンライン」にて行われた読者投票による。

◎「CHANGEMAKERS OF THE YEAR 2011」表彰者一覧
◇「経営・マネジメント部門」
高島宏平(たかしま こうへい)氏
オイシックス株式会社 代表取締役社長
生鮮食料品、有機無添加食品のネット通販会社「オイシックス」において、食の安全性が高まるなかで、消費者視点での食流通ビジネスを定着させたことが評価されての受賞。また、理事を務めているNPO法人「TABLE FOR TWO」において、途上国での学校給食を支援する活動も注目を浴び、受賞理由のひとつとなった。

◇「研究者部門」
上田 泰己(うえだ ひろき)氏
理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター プロジェクトリーダー
理化学研究所において、人間の生活サイクルをつかさどる体内時計の仕組みを、分子生物学やコンピュータサイエンスなどを駆使し、世界に先駆けて次々と解明。老化現象や、寿命、心因性疾患などの問題解決への糸口を見出したことが評価されての受賞となった。

◇「クリエーター部門」
樫本 大進(かしもと だいしん)氏
ベルリン・フィル 第一コンサートマスター
2010年12月より、世界最高峰のオーケストラのひとつ、ベルリン・フィルにおいて第一コンサートマスターとして活躍。ベルリン・フィルで第一コンサートマスターに就任したのは、日本人としては初の快挙。その世界標準の芸術性が評価されての受賞となった。


高島氏、上田氏、リシュモン ジャパン カルティエ CEO クリストフの各氏。なお樫本大進氏は音楽祭のため表彰式は欠席

  • この記事のURL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加