持分法適用会社

連結財務諸表上で「持分法」を適用する関連の会社のことを「持分法適用会社」という。基本的には議決権のある株が20パーセント以上の、会社(連結会社または非連結会社に適用させる)をいう。持ち分法とは、連結会社とはことなり、勘定科目の「関連会社」の項目に損益を繁栄させることであり、「完全連結会社」より薄い関係と言える。但し、連結財務諸表上での当期損益や純資産に与える意味ではどちらも同様である。