20%ルール

勤務時間の一部を自分の好きな開発業務に当てることができるシステム。グーグルでは、この時間を20パーセントとし「20パーセントルール」と呼んでいる。「グーグル日本語入力」はこのシステムからできあがった。